エアコン取り付けの価格に影響する標準工事と追加料金

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

多機能になってきたこともあり、エアコンは必須のものとなってきています。一家に1台どころか、3台以上あることも珍しくありませんし、部屋数の分だけ設置しているところもあるでしょう。そうなると、気になってくるのは、価格の面となってくるでしょう。できるだけ抑えたいというのが、だれもが抱く心情です。エアコン取り付けには、さまざまな費用が発生するため、相場的な部分からも価格は考えておかなければいけません

エアコン取り付け工事の相場は、あまり知られていない部分もあります。引越しの時などもかかることがありますが、条件によっては新品を購入したほうが安くなることさえあるのです。特に追加料金がかかると、それまで考えていた価格とは全く異なることもあるでしょう。予定していた金額と変わってきてしまうことも出てくるため、しっかりと考えていかなければいけない部分です。

価格の相場はあるのか

お金エアコン取り付け工事には、標準工事と呼ばれる設定があります。ですが、なにが標準工事なのか、価格設定もよくわからないのが一般的です。これ以外には追加料金がかかってくるようになるため、よく考えていかなければいけないところになってくるでしょう。標準工事の考え方は、購入したところによっても違いが出てきます。例えば、家電量販店で購入した場合と、ネットで本体だけ購入したケース、工事費込みで業者に依頼したケースに分けることができるでしょう。

家電量販店で購入した場合、工事費込みで販売されていることが基本です。本体価格に工事費用が含まれているため、わかりやすいかたちにはなっているでしょう。ここで重要になってくるのが標準工事で、室外機とつなげる配管が4mを基本としています。これ以上になれば別途請求されるようになるでしょう。室外機を置く階数が異なるときには要注意です。電源などの工事が必要になる場合にも別途請求されることになるため、家電量販店ではっきりとさせることが必要でしょう。

商品だけ購入した場合には、エアコン取り付け工事だけを依頼することになります。工事代金の相場は、15000円程度になるのは、家電量販店と変わりません。問題はここからで、取り付け位置などの問題で追加料金が発生していきます。工事費込みで購入できる業者の場合には、価格的にも抑えられていることが多い方法です。何かトラブルが起きた時にも、同じところに依頼すれば、エアコン本体の問題でも工事業者が対応してくれるため便利です。

追加料金の発生が予測されるのは

エアコン取り付け工事の価格は、いろいろな条件でも変化していきます。標準工事がセットになっている場合であっても、追加料金が発生すれば大きな変動を見せることになるでしょう。そのため、事前に見積もりをとり、正確な金額を知ることが必要になってきます。追加料金が発生すると、かなり大きな金額にもつながってしまうからです。特に取り付け位置に関しては、大きな影響を与えることを理解しておく必要があります。

エアコンの取り付け位置は、できるだけ効率のいいところを選びたいでしょう。その時には、室外機をどこに置けるのかを考えておかなければいけません。距離が離れれば、確実に追加料金が発生するからです。エアコン本体が置けても、ベランダなどの形状で室外機の取り付けが特殊になるケースもあります。もうひとつは電源があるかどうかで、専用の電源がなければ電気工事が必要となりますので、事前に確認しておくと間違いがないでしょう。現在エアコンが取り付けられていても専用電源ではないケースもあります。見分け方のひとつとしてコンセントの種類が特殊かどうかでも判別しておくといいでしょう。