賃貸物件のエアコン取り付け方法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

エアコンが古すぎて、冷房を入れても生ぬるい風しか出てこなかったり、かなり低い温度に設定しないと部屋がなかなか冷えなかったりしてお悩みではないでしょうか?そこで考えるのがエアコンの取り換えです。しかし、賃貸アパートなどでエアコンが自分の所有物でない場合、管理会社や家主にお願いすれば、エアコンをすぐに交換してもらえるのでしょうか?今回は、賃貸アパートのエアコン取り付けについての注意点をご紹介します。

エアコンを取り換えたいなら家主に相談が必須!

マンション最近は、エアコンが最初から付いている賃貸アパートが多いです。しかし、何十年以上も前のエアコンであれば、エアコンが正常に機能しないばかりでなく、最新のエアコンと比較しても消費電力が高い可能性がありますから、電気代も割高になってしまいます。そこで、管理会社や家主にお願いすれば、エアコンを新しいものに取り換えてもらえるのではないかと考えてしまいますが、そこは簡単にはいきません。

エアコンが電源が入らないなど故障して全く使用できないというのであれば、家主の負担でエアコン取り換えをしてもらえる可能性はあります。ただし、家主もできるだけ無駄な費用を負担したくないとうのが本音でしょうから、エアコンが古いというだけではエアコンを取り換えてくれる可能性は低いでしょう。

そういうことであれば、自費でエアコンを取り換えれば、問題ないのではないかと考えてしまうでしょう。しかし、もともとのエアコンの所有権は家主にあります。勝手にエアコンを取り外して、新しいエアコンを取り付けするとなるとトラブルの原因となります。必ず、管理会社や家主にエアコン取り付けについての相談をしましょう。また、賃貸契約書などには、必ず設備に関しての重要事項説明が記載されています。部屋の設備交換や修理が可能かどうか、費用は家主と借り主のどちらが負担するかなどの規定が明記されているはずですから、事前に目を通しておきましょう。

エアコン取り付けが簡単にできない理由

賃貸アパートは、家主から部屋を借りていますので、自分の所有物ではありません。一般的に退出時には、借り主は「原状回復」の義務がありますので、元の部屋の状態に戻す必要があります。入居時になかったような壁のキズなどが見つかれば、敷金などから支払わなければいけません。

そして、自費でエアコン取り付けをする時に問題となるのが、エアコン取り付け時に開けるビス穴です。エアコン取り付け時には必ずビスと呼ばれるネジで壁に穴を開けますから、ビス穴を修復する必要がでてきます。ビス穴を修復するためには、壁紙を張り替えるのが一般的ですが、その修復費用をどれくらい請求されるのかは家主次第でもあります。一番いいのは、家主に相談してエアコン取り付けをすることです。原状回復にエアコン取り付け時のビス穴の修復は必要ないと規定しているところもありますから、一度相談してみましょう。

どうしてもエアコン交換が難しい場合

エアコンが故障して全く使えないということでもない限り、家主の負担でエアコンの交換をしてくれる可能性は低いです。また、家主の許可をとって、自費でエアコン交換が可能であったとしても、高額な費用がかかりますから、エアコン交換をあきらめる人も多いでしょう。

しかし、エアコンを交換しなくても自分でできることはあります。それは、エアコンの掃除です。エアコンのフィルターはほこりがつきやすく、ほこりがたくさんつくと冷えが悪くなり、無駄な消費電力だけが増えますから電気代が高くなります。フィルターのほこりを取り除いてあげるだけでも冷房機能が効きやすくなりますし、消費電力も少なくなり電気代を安くすることが期待できます。また、プロの掃除業者に依頼するのもひとつの手です。

賃貸アパートにエアコン取り付けするには、いろいろ注意点があります。エアコン取り付けについての規定は、賃貸物件ごとに違いますから、賃貸契約書の確認が必要です。また、相談によっては、エアコンを家主の負担で取り換えしてもらえる場合もありますから、管理会社や家主への事前の相談を必ずしましょう。

エアコン取り付けは依頼はどの時期でもいいのか